賃貸物件の注意点と見学について

賃貸を選ぶときは平米数を見るのが確実

賃貸の部屋探しで間取りを重視する人も多いと思いますが、同じ2LDKでも広さはまちまちです。部屋の広さも4畳半から8畳、10畳などいろいろあります。もっと言えば、同じ4畳半でも広さが違う場合があります。たとえば実家で6畳の部屋を与えられていたとして、6畳の部屋が2つ以上ある賃貸にしょうと思っていても、その6畳が実家の6畳と同じ広さとは限りません。実は畳にはいくつか種類があり、賃貸情報誌には畳の規格までは書かれていませんので、実際に見てみると思ったより狭い、というようなこともあります。

実は私がそうでした。実家で姉が8畳の洋間を使っていたのですが、8畳はその広さだと思い込んでいました。広い部屋を使っている姉が羨ましくて、絶対に8畳以上の部屋が1つはあるマンションに住みたいと思っていました。そして8畳と6畳の2LDKの賃貸マンションを見に行ったのですが、8畳と書かれていた部屋は明らかに狭く感じました。とてもがっかりしたことを覚えています。私の実家は戸建てだったのですが、実は戸建てとマンションとではこのようなギャップがよくあるそうです。集合住宅に使われる畳は団地サイズなどと言われ、小さいサイズが多いそうです。平米数を確認するのが一番かもしれません。

Copyright (C)2017賃貸物件の注意点と見学について.All rights reserved.